頭皮マッサージと育毛対策について

頭皮マッサージと育毛対策について

育毛のためにマッサージを継続しているという人も結構いると思います。マッサージなんて聞くのか?と思ってしまうかもしれませんが、結構侮れないものです。

というのも、正しく行なうことで、頭皮がマッサージされ、血行が改善しますからです。そして、ブラッシング後もすっきりと、気持ちのいいものです。
また、髪にツヤを出せて、頭皮の血行改善によって、頭髪自体も良い影響を受けるはずです。

ただし、ブラッシングで頭皮を傷めては元も子もありませんから、育毛用のヘアブラシを使った方が良いようです。
大抵の製品は頭皮を保護する工夫がしてあります。牛乳は育毛に悪影響だということが分かってきています。なぜならば、牛乳に含まれているのは、植物性ではなく、動物性タンパク質だからです。

すすんで摂取すべきとされる植物性タンパク質に対し、動物性のタンパク質はいわゆるドロドロ血の素になるといわれるため、ドロドロ血のせいで栄養が髪の毛まで届かず、その栄養不足が抜け毛の要因となるのです。
人間にとってタンパク質は非常に重要なものですが、上記のことから、動物性よりも植物性の摂取が推奨されます。

それに加え、カルシウムによって亜鉛が体にとりこまれにくくなり、髪が育つ際に重要な栄養素である亜鉛の吸収率が下がるので、牛乳の摂取は控えたほうがよいといえます。薄毛が目立ってきたり、抜け毛が増えてしまったりすると、程度はどうあれ、心配になります。大抵の人が、育毛に本腰を入れ始め、情報収集を始めるでしょう。

手をつけやすい方法としては、低刺激のシャンプーに切り替える、マッサージをする、育毛剤の使用もおすすめです。こういったことに加え、頭皮をブラシでトントン叩くやり方で、マッサージを始める人もいるわけですが、これに関しては一点、覚えておいてほしいことがあります。強く叩いてはいけない、ということが、大変重要になります。

強くするとデリケートな頭皮は酷く傷ついてしまう可能性が高いのです。

力づくで頭皮を攻撃するのではなく、やさしく適度な刺激を与えるようにして、頭皮の環境を破壊しないように、注意しましょう。

脱毛させないために育毛剤を使用すると、副作用の危険性があります。炎症が頭皮部分に発生したり、耐えがたいかゆみを発症するなど、脱毛を助長する可能性があるのです。副作用といっても、全員に起こるわけではないです。副作用が起こってしまったら、増毛・髪フサフサ剤を使ったケアを中止してください。